モニエル瓦の塗装で気を付けなければならない事

皆様こんにちは! 代表の佐久間です。

 

今回は最近よく塗膜の剥がれについてご相談を頂くモニエル瓦の塗装について書きたいと思います。

 

モニエル瓦とは、ヨーロッパ発祥のセメント瓦の一種で一般的なセメント瓦のようにプレスして作られるものではな

く、水分を含まないセメントを真空状態で押し出して成型する乾式コンクリート瓦のことです。

メーカーによってモニエル瓦、クボタ瓦、スカンジア瓦など、色々な名前で呼ばれますが種類に違いはなく同じ

物になります。

形は和形・洋型・平型・S型に分けられ、デザイン性にも多様性があり施工性も良い大変有能な瓦です。

しかしながら、塗替えに於いてはあまり知識のない業者が一般的なセメント瓦と同じように塗装してしまうとトラブ

ルが起こりやすい瓦になります。

モニエル瓦と一般的なセメント瓦との見分け方としては、小口(瓦の先端の断面)を見れば判別出来ます。

 

↑小口に凹凸があるのがモニエル瓦        ↑小口に凹凸が無くまっすぐなのがセメント瓦

 

 

モニエル瓦は主な成分がセメントで出来ている為、塗装しなければ防水性能はありません。

その為、表面に塗装を行ってから出荷されるのですが、この塗装工程も一般的なセメント瓦とは違い、セメントに色

の顔料を混ぜたものを厚めに塗り、その上にクリヤー(透明)の塗料を塗って完成させます。

このセメントと顔料を混ぜたものを着色スラリーと呼ぶのですが、塗替えの場合このスラリー層を処理せずに上から

塗装してしまうと脆くなったスラリー層と一緒に塗装が剥がれてしまうのです。

塗装が剥がれないようにする為には、脆くなったスラリー層を徹底的に取り除く事が必要です。

高圧洗浄後にワイヤブラシ(鉄のブラシ)や電動工具などを使用し、徹底的にスラリー層を除去します。

その後、もう一度高圧洗浄で洗い流し、軍手等で擦っても軍手にスラリー層が付かなければ塗装できる状態です。

塗装には必ずモニエル瓦専用の浸透性の高い下塗りを使用します。

もしモニエル瓦の塗装を考えられていて、お見積りをとられている方は、屋根の下塗りにモニエル瓦専用の下塗り材

がしっかり記載されているかしっかり確認する事が必要です。

 

それではモニエル瓦のメンテナンス時期の目安としてどんなものがあるか挙げてみましょう。

 

1、塗膜の膨れ・剥がれ

瓦の塗膜の膨れは、瓦に生じたひび割れからの雨水の侵入や、蓄熱による熱膨張・収縮が原因になります。

塗膜が剥がれた場合、防水機能が無くなる事になるので瓦自体が雨水を吸い込み、膨張・収縮の原因になったり、

セメントの成分が流出して瓦の表面に凹凸が生じ、塗替え後の見映えも悪くなりますし、瓦自体の劣化の原因に

なるので塗り替えが必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

2、苔・カビの発生

瓦表面の塗装が劣化すると瓦の防水機能が低下し、瓦自体に水分を溜め込んでしまう事になり、苔やカビが発生

しやすくなります。

苔自体にも水分を蓄える為、塗膜が劣化していない瓦に比べると長時間瓦が濡れている状態となります。

苔が発生すると負の連鎖が始まる為、なるべく苔を発生させないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

この二つの症状が出てきたら一度業者さんに相談してみましょう。

 

最後にお伝えしなければならない事があります。このモニエル瓦というのは一時期、一世を風靡していた瓦ですが、

実は製造していたメーカーが今はもうありません。

ですから瓦が割れた場合、お家にある予備の瓦に差し替えるか、瓦屋さんで在庫を探してくるしかないのです。

私達もお見積り前の建物調査の際、モニエル瓦が割れているとすぐに瓦屋さんに連絡し、在庫を確認するようにして

いますが年々在庫を持っている瓦屋さんが少なくなっているのが現状です。

瓦屋さんに在庫が無くなってしまった場合、瓦の葺き替えをしなければいけなくなってしまうので、モニエル瓦を使

用しているお家に住んでいる方は注意が必要ですね!

 

さて、大体の事はおわかり頂けたでしょうか?

もしお家の屋根で気になる事などがありましたら点検だけでもお伺い出来ますのでお気軽にお問い合わせください!