皆様こんにちは!

代表の佐久間です!

 

2019年10月より消費税率が10%になる可能性が高くなってきました。

国税庁のHPでも増税に伴う軽減措置についても告知されておりますので、ほぼ増税は確定

と考えます。

 

ちなみに酒類を除く飲食料品や週2回以上発行される新聞は8%のままだそうです。

ややこしいですね(笑)

外壁塗装工事やリフォームも消費税増税の対象となる為、増税前に塗装工事やリフォームなど

を済ませておこうと考えられている方も多いのではないでしょうか?

塗装工事やリフォームなどは高額となる為に増税前のほうが良いですよね?

 

 

 

 

 

しかし、消費税8%が適用されるのは9月末までに工事が終わらなくちゃいけないの?

と思われる方が多いと思いますが、実は塗装工事やリフォームのような工期が長いようなもの

に対しては、経過措置というものがあり、増税の半年前、つまり3月の31日までに契約を済ませ

ていれば工事完成が10月になっても以前の税率8%が適用されるのです。

 

ではどういった場合が8%が適用され、どういった場合が10%が適用されるのか見ていきましょう。

 

ここでポイントとなるのが【契約日】【引き渡し日】となります。

 

例1

工事請負契約 : 2019年3月31日以前

引き渡し   : 2019年10月1日以降

 

この場合は10月1日以降に引き渡しでも3月31日以前に契約しているので税率は8%です。

 

例2

工事請負契約 : 2019年4月1日以降

引き渡し   : 2019年9月30日以前

 

この場合は引き渡しが9月30日以前なので当然税率は8%です。

 

例3

工事請負契約 :2019年4月1日以降

引き渡し   :2019年10月1日以降

 

この場合は経過措置が適用出来ない為、増税後の10月1日の税率が適用されて10%となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装工事は決して安い買い物ではありません。

経過措置期間中に合わせる為にギリギリになってのお問い合わせや、打合せ不足のまま慌てて

契約してしまうと後々色んなトラブルにもなりかねません。

余裕を持った行動をお奨めします。

 

前回の消費増税の時に私達もかなり大変な思いをしたのを覚えています。

駆け込み需要で塗装に必要な足場が無くなったり、塗料の生産が間に合わなくなったり、職人

がまったく足りなくなる事により工事が期間内に終わらなくなるという事態になりました。

 

 

 

 

 

今回の増税では、なるべくパニック状態にならない様に対応はさせて頂くつもりですが、

混乱に巻き込まれたくない方は早めのお問い合わせをお願い致します!!